まずは資料請求から

事業用操縦士技能証明・計器飛行証明・飛行機陸上多発機限定・航空無線通信士・航空英語能力証明のような資格取得のためにも、民間航空操縦士訓練スクールでまずは、みなさんがそこでしっかり勉強する必要があります

民間航空操縦士訓練スクールでも、相当パイロットの勉強は厳しいと思っていいでしょう。民間航空操縦士訓練スクールに通えば、自動的に、資格取得できるということでもありません。
更に、各資格ごとに国家試験を受験して合格する必要があります

実際に、そのような民間航空操縦士訓練スクールでは、趣味のための操縦士の資格取得は可能なのでしょうか。趣味で飛行機の免許取得を目指す方、既に免許をお持ちで慣熟飛行を必要とする人たちへの訓練を実施しているスクールとそうでないスクールがあるようなので、しっかりまずはどのような民間航空操縦士訓練スクールなのかからチェックすることからはじめてみましょう。

さて、そのような民間航空操縦士訓練スクールに行くためにどの程度の費用を考えておく必要があるのでしょうか。追加で訓練費用が発生することはあるのでしょうか。奨学金や教育ローンはあるのでしょうか。まだまだみなさんは、民間航空操縦士訓練スクールについて判らない疑問をお持ちではないでしょうか。そのような人たちは、まずは、資料請求してみましょう。

 

訓練スクール

「航空大学校」や「航空会社の自社養成」というのではなく、自分自身で、資格取得をとり、航空会社の就職試験を受けるという選択肢もあります。格安航空会社の登場によって、このようなパターンも最近登場して来た背景があります。

そして、更には、2006年に開講になった東海大学工学部航空宇宙学科航空操縦学専攻では、ANAと航空大学校が提携することで、一般の私立大学在学中にライセンスが取得できるようになったのです。 みなさんにとって狭い門ということには変わりはありませんが、それでも、どんどんいろいろな選択肢が増えつつあり、ひょっとしたら……というモチベーションも生まれて来たのではないでしょうか。

インターネットで、操縦士訓練スクールというものも見つけることが出来ますが、これはどのようなものなのでしょうか。民間用、 自分専用として利用することの出来るヘリコプターの資格ですが、こちらは航空機ライセンスとしては最も基本とされています。別に、企業に就職するのではなく、自分自身で操縦を楽しむだけというのなら、そのような難しい道順を辿る必要がありません。

まずは、パイロット資格取得のために、民間航空操縦士訓練スクールに行ってみましょう。プロのパイロットとしての就職に必要なすべての資格もそこでは取ることが出来ます。

 

 

資格取得の方法

もしも、みなさんが頑張って、 航空会社の操縦士になりたいというのなら、 学校を卒業してから航空会社に入社するというルートがあり、 自社のパイロット養成訓練を受けてパイロットの資格取得という方法を採ることが出来ます。

または、独立行政法人「航空大学校」に入学してから、在学中に資格取得します。そして、航空会社に入社します。他に、飛行機の操縦する資格取得の方法には、防衛大学に入学し、自衛隊のパイロットを目指すという手段もあります。実際には、JALやANAといった大手航空会社の自社養成パイロット採用試験を受験する条件には、「大学新卒者」または「大学院修士課程修了予定者」というレベルの学歴も必要になって来ます。

しかし、子会社などでいいのなら、それほど学歴に対しての厳しいシバリもなく、高校卒業でも、応募することが出来ます。自社養成パイロット採用試験は、それでも簡単に受かるものではないと考えるべきであり、実際に多くの人材を会社が求めている訳ではありません。

自社養成パイロット採用試験にパスしようと頑張るもののまさにそれは狭き門です。面接、適性検査のほか、身体検査も綿密におこなわれて、みなさんは、まずすこぶる健康である必要があります。

 

 

飛行機の操縦士になる

飛行機のパイロットに憧れを持ってい人たちも多くいるのではないでしょうか。夢は是非実現したいものです。しかし、そのようなものには簡単になることが出来るのでしょうか。

もちろん、簡単ではないのかもしれませんが、私達はどのような方法で、そのような目的に辿り着くことが出来るか手順も判らないままでいるのではないでしょうか。ここでは、基礎の基礎の部分についてお話しをしましょう。男性たちの一番のロマンは、やっぱりパイロットになって大空を飛ぶことではないでしょうか。自分の力で、空を飛ぶことが出来るって一体どんな感じなのでしょうか。

まず、パイロットの資格取得には、定期運送用操縦士、事業用、自家用があり、それぞれの試験にパスして、晴れて飛行機の操縦することが出来ます

定期運送用パイロットは、JAL、ANAなどの航空会社のパイロットの資格取得であり、 事業用パイロットは農薬の散布、警察、消防などのパイロットの資格取得、そして、 自家用パイロットは個人で楽しむ操縦の資格取得となり、やっぱりみなさんが、手っ取り早い方法で飛行機に乗りたいというのなら、 自家用パイロットということになるのではないでしょうか。ただし、それでも簡単に資格取得できるものではありません。しかし、みなさんが、しっかり気持ちを固めて、努力すれば、硬い岩だってきっと動かすことが出来ます。実際には、飛行機の操縦をしている人たちが多くいる訳ですから。