資格取得の方法

もしも、みなさんが頑張って、 航空会社の操縦士になりたいというのなら、 学校を卒業してから航空会社に入社するというルートがあり、 自社のパイロット養成訓練を受けてパイロットの資格取得という方法を採ることが出来ます。

または、独立行政法人「航空大学校」に入学してから、在学中に資格取得します。そして、航空会社に入社します。他に、飛行機の操縦する資格取得の方法には、防衛大学に入学し、自衛隊のパイロットを目指すという手段もあります。実際には、JALやANAといった大手航空会社の自社養成パイロット採用試験を受験する条件には、「大学新卒者」または「大学院修士課程修了予定者」というレベルの学歴も必要になって来ます。

しかし、子会社などでいいのなら、それほど学歴に対しての厳しいシバリもなく、高校卒業でも、応募することが出来ます。自社養成パイロット採用試験は、それでも簡単に受かるものではないと考えるべきであり、実際に多くの人材を会社が求めている訳ではありません。

自社養成パイロット採用試験にパスしようと頑張るもののまさにそれは狭き門です。面接、適性検査のほか、身体検査も綿密におこなわれて、みなさんは、まずすこぶる健康である必要があります。